黒酢は美肌に効くのか

黒酢にはさまざまな健康成分が豊富に含まれており、その健康効果はとても有名です。
そんな黒酢には実は美肌効果もあると言われています。
黒酢には本当に美肌効果があるのでしょうか。
女性には特に気になる黒酢の美肌効果について考えます。

まず黒酢を知ろう

酢にはさまざまな種類がありますが、穀物酢のひとつである黒酢は、酢独特の酸味が少なくまろやかであるにも関わらず、
アミノ酸の含有量がとても多い酢です、
黒酢には黒酢独自の定義があり、米もしくは米に小麦や大麦を加えたものを原料とし、酢1リットルにつき、この原料を180g以上使用すること。
発酵や熟成の過程で自然に茶褐色に色づいたものを黒酢の定義としています。
健康成分がとても豊富なことも特徴のひとつです。

通常の酢との違い

私達が通常使用している酢も黒酢もどちらも醸造酢であり食酢ですが、その違いは原料の種類、そしてその使用量。
また製造方法や発酵・熟成期間も違うため、有効成分にも差が生まれます。
味わいも違いがあり、酢が独特のツーンとした酸味が苦手な人にも好まれやすいまろやかな甘味も特徴。
通常の食酢と違いアミノ酸の含有量がとても多く、美容酢として人気の秘密です。

黒酢は美肌に良いのか

黒酢にはアミノ酸がとても多く含まれています。
特に体にとって必要不可欠と言われている必須アミノ酸9種類の内8種類が黒酢に存在しています。
また有機酸であるクエン酸もとても豊富。
ビタミンやミネラルもバランス良く含まれており、黒酢だけでバランス良く栄養素を摂取することが出来ます。
特にアミノ酸は肌の若さを決めるコラーゲンの生成に大きく関係する成分のため、
十分なアミノ酸を摂取することは、美肌につながると言えます。

関連:美髪にも効く黒酢

黒酢に含まれる成分が影響?

黒酢の抜群の美肌効果は、最近特に注目されているものですが、その美肌効果は黒酢に豊富に含まれる、その有効成分が関係していると言えるでしょう。黒酢の成分はどのように肌に影響を及ぼしているのか考えます。

黒酢に豊富に含まれると言われれる美肌成分。
中には体内合成出来ないため、外部からの摂取が必須であると言われる必須アミノ酸も豊富なようです。
そんな美肌効果たっぷりの黒酢は、黒酢に含まれる成分によってどうのように影響を受けているのか見ていきましょう。

黒酢に含まれる有効成分の影響はあるのか

黒酢には他の酢に比べても、美肌にとっても有効成分がとても豊富に含まれています。
その中でも特に美肌に効果的だと言われているアミノ酸。
通常、私達が普段調理などに使用している食酢のアミノ酸含有量は、約0.2%程度であるのに対し、
黒酢には約2%も含まれていると言われています。
またビタミン群やミネラル群の含有量にも違いがあるため、有効成分によって美肌効果に影響が出ると言えます。

黒酢にはどのような美肌成分が含まれているのか

黒酢に含まれる美肌成分の代表格がアミノ酸。
体内合成が出来ない必須アミノ酸9種類のうち8種類と、その他の非必須アミノ酸すべて12種類、
計20種類のアミノ酸が含まれています。
また酢酸が体内で変化するクエン酸、乳酸、コハク酸、リンゴ酸などクエン酸以外の約15種類の有機酸も豊富です。
ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンCなどのビタミン群と、マグネシウムや鉄、カルシウムなどのミネラル群も約10種類程含まれています。

どのように影響しているのか

アミノ酸であるセリンは肌の潤いをアップさせ、潤いを決める天然保湿因子であるNMFをサポートします。
またアラニン、グロシン、プロリンは肌の若さの秘密成分であるコラーゲンの構成成分のひとつであり、
ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きをします。
ビタミンB群は新陳代謝を活発にし、肌の生まれ変わりを助け、吹き出物予防にも効果的です。

関連:黒酢が美肌に効く理由は?